×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

powerd by 楽市360

スポンサード リンク

powerd by 楽市360

簡単な食材で作れるハヤシライスのレシピ

わが家の簡単に入手することの出来る食材を使ったハヤシライスのレシピを紹介します。まずはハヤシライスの材料としては、牛肉の薄切りを400g、しめじを1パック、玉葱を2個、パスタソースの缶詰を1缶、ウスターソースとパスタソースをそれぞれ70cc用意します。ハヤシライスのレシピとしては、@まずは玉葱2個をスライスしておきますAハヤシライスのソースを調理するために鍋を温めて適量油を入れ、牛肉の薄切りをいためます。Bそこに玉葱としめじを入れてさらに炒めますC弱火で30分くらいウスターソースとパスタソースを加えることによっていためます。また、これはお好みでかまわないと思いますが、家では人参を一本すりおろしハヤシライスの上にかけるようにしています。キャロットライスにするととてもおいしく仕上がるのです。後は、これは本当に好みの問題になるのですが、ハヤシライスの上にバターなどをかけて食べると味に変化がついてかなりおいしくなると思います♪

スポンサード リンク

ハヤシライスのルーを工夫したレシピ

わが家ではハヤシライスが好きでよく作るのですが、ハヤシライスのルーをいつも冷凍してストックしておき八種度ビーフの分だけアレンジして他のレシピに使ったりしています。ハヤシライスのアレンジしたレシピとしては、オムレツのやオムライスの上にかけたりするのが一番おいしいと思います。また、ご飯とチーズにハヤシライスのルーを混ぜることによってドリア風にしてみるのも簡単でとてもおいしいので大好きですね^^それと、小学校の給食にも出たりしていましたが、焼きうどんなどにつけて食べるなどをするとかなりおいしいので、ぜひこのハヤシライスのルーのアレンジのレシピを試してみてくださいね。それと、夏場などは子供のお弁当のレシピの一つとして、小分けのアルミカップに入れて冷凍をさせておきます。そして、サラダなどの隣にハヤシライスの冷凍したルーを置いておきます。お弁当を食べる昼くらいには解凍して普通のハヤシライスのルーになっているので重宝します。

ハヤシライスの保存法

ハヤシライスのルーは玉葱を主体にして作られたレシピなので、寝かせれば寝かせるほど味がおいしくなります。とはいっても、ハヤシライスの中に芋やでんぷん質のなどの傷みやすい材料が多く入っているようなハヤシライスのルーの場合は冷蔵庫に入れておいたとしても腐ってしまう可能性があるので、ハヤシライスのルーの保存はほどほどにして置いてくださいね(^_^;)というかハヤシライスにジャガイモなどを入れている場合はつぶすか取り除くなどして工夫すると良いと思います。また、ラッピングでハヤシライスのルーを保存するのもいいのですが、タッパーやジップロックなど保存しやすいもので保存するのもなかなか良いのではないかと思います。そのようにハヤシライスのルーを保存しておくことによって必要な分だけ解凍して食べる時もすんなり食べることが出来るので小腹がすいたときなどはかなり重宝すると思います。このようにハヤシライスの保存は工夫してみてくださいね。

Copyright © 2008 ハヤシライス レシピ