×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

よもぎ茶はかなりおすすめです

よもぎ茶はとても健康によく胃の調子を整えたり体を暖める効能があるのでおすすめできます。私はよもぎ茶用のよもぎをスーパーで買ってきて乾燥させて煮出しして飲んでいますがやはり毎日よもぎ茶を飲み始めたら健康的に過ごすことができていますね。

長時間経つとよもぎ茶の色こそ落ちてしまうのですが、効能はしっかりと残ります。もちろん、よもぎ茶にはカフェインは含まれていないので、妊婦の方やお子さんにも安心です。

よもぎ蒸しを体験してみました

韓国のエステでよもぎを使ったよもぎ蒸しというものが日本のエステでも導入されているみたいでとても人気があります。よもぎ蒸しの方法としては、ポンチョのようなものを着用して、息子とによって熱くなったよもぎの入った椅子に座り、よもぎの気体を身体に当てるというものです。

よもぎ蒸しの効能としては、血液の循環をよくしたり、新陳代謝の向上といった女性の体にとって健康的なことばかりなのです。また、よもぎ蒸しの前後にはサウナに入ることによって汗を大量にかくことによって新陳代謝の効能をアップさせているのでしょうね。日本でもよもぎ蒸しは体験できるサロンも最近では出てきていて、私が知っている限りでは、渋谷の「ispot(アイスポット)」というサロンです。

私も実際によもぎ蒸しを体験したのですが、体がとても軽い感じになり、その日はとても調子がよかったです・∀・下半身を温めるというのはとても健康にいいのだなあと思いました。渋谷にあるので、とてもアクセスしやすいです。

よもぎ餅の作り方

よもぎ餅のレシピとしては、10個作るならば、「よもぎを20g、重曹少々、白玉粉30g、上新粉130g、あずきこしあん250g、すり鉢、蒸し器」を用意します。そして、よもぎ餅のお好みに応じて砂糖と黄な粉を適量用意するといいでしょう♪

よもぎ餅の作り方としては、まずはよもぎを葉先で摘み取っておきます。そして、重曹を加えたお湯によもぎをさっとゆでて冷水に取りアク抜きを行います。このときによもぎをゆですぎないことがいい香りを出すポイントになります。そして、水気を取ってから、よもぎを包丁で刻みすり鉢でその後はすっておきます。そして、白玉粉をぬるま湯に溶かして、砂糖や上新粉を加えてこねます。

その次に一握りくらいの大きさの団子を作り強火で25分間蒸します。その次に、すり鉢によもぎの刻みをうつしてよく混ぜます。そして、最後にあずきこしあんをはさみまんじゅう状に形を整えることによって、完成です・∀・おいしくできるといいですね。