×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

powerd by 楽市360

スポンサードリンク

powerd by 楽市360

おはぎの作り方

甘くて甘党の方にはたまらないおはぎの作り方を紹介します。おはぎのレシピとしては、もち米を1合、うるち米を1/2合、こしあんときなこを適量用意します。それからおはぎの調味料としては、塩と砂糖を少々用意しておきます。おはぎの作り方としてはまずは、もち米とうるち米を洗い塩を少々加えてから半日ほど水につけておきます。そして、そのもち米とうるち米を普通の米のように炊きます。そのもち米とうるち米が炊き上がったら半時間ほど蒸らしてから混ぜます。そして、適当な大きさにまるめておはぎの味の中心となるこしあんを包みます。そして、最後にきなこと塩や砂糖をまぶすことによって甘くておいしいおはぎの完成となります。このおはぎのレシピで作る際はもち米とうるち米の量はおいしいと感じる程度に調整してもらうといいと思います。おはぎはいっぺんに全部は食べきれないと思うので、あまったら冷凍保存をしておきましょう♪おはぎはこしあんだけでなくきなこもおいしいですよ。

スポンサードリンク

おはぎの丹波屋について

おはぎといえば、丹波屋のおはぎがとてもおいしくて無性に食べたくなる時期がありますよね・∀・私はもともと関西地区に住んでいて関東地区に来たのでおはぎの丹波屋がなかなか無くて困っています(_ _*)実際に、おはぎの丹波屋の店舗を見てみたところ京都、大阪、兵庫など関西地区を中心としているようで、関東にはおはぎの丹波屋はほとんどないようです。それと、最近おはぎの丹波屋で気がかりなのは、店舗が少なくなってきていることですね。三重に住んでいる友人もおはぎの丹波屋が少なくなってきているといっていました…同じく東海地区の愛知県でもそのような現象がおきているという噂ですし、悲しいものですね。しかし、私はおはぎの丹波屋に行った時の店舗に山積みにおいてあるおはぎはもちろん、店先の五平餅や桜餅なども大好きなので経営努力で乗り切って欲しいですね・∀・実家の近所のおばちゃんが経営している丹波屋のおはぎはとてもおいしいですからね・゚・(ノ∀`)・゚・。

おはぎとぼたもちの違いは?

日本の伝統的なお菓子のおはぎですが、ぼたもちとの違いは何であると思いますか?それは、ぼたもちとおはぎの食べる時期の違いにあるのです。ぼたもちは漢字で書くと「丹餅」ですし、おはぎを漢字で書くと「お萩」となります。読んで字のごとくぼたもちは、牡丹という春に咲く花に見立てたものなのです。なので、ぼたもちは春のお彼岸に食べる食べ物なのです。それにたいして、おはぎはあずきを落葉低木の総称の萩に見立てたもので、秋のお彼岸に食べる食べ物なのです。このように、おはぎとぼたもちは季節によって呼び方が変わる食べ物と見ていいでしょう。ただ、地方によってはおはぎの中のあんの状態や中身が違ったりします。ぼたもちは完全に米をつぶにしたもののこと、おはぎは米が半分残ったものというような違いですね。このように、ぼたもちとおはぎなどの呼び方の違いなどについて調べてみることによって日本人としての教養を深めるとおはぎを食べる時のウンチクとして利用できますよね♪

Copyright © 2007 おはぎ